大郷 お米物語 | いくのさん家

TEL. 0857-37-3727
ホーム > お知らせ > 大郷 お米物語

大郷 お米物語

 「米を腹いっぱい食いたい!」という、元農家の利用者さんの願いを叶えるた
め、昨年大郷いくのさん家はお米作りに挑戦しました。
 発泡スチロールの箱をたくさん貰って、近所の農家の方に稲の苗をわけていた
だいて、肥料の量、水のやり方などなどは利用者さんの教えを乞うて…。途中で
稲は枯れるわ、病気になるわ、トホホの連続。結局、実ったお米は1合ちょっと。
ふだん口にするお米がどれほどありがたいものか…骨身にしみて知りました。
 ようやく実ったわずかなお米。“腹いっぱい食いたい”利用者さんの誕生日に
あわせて、それは大事に、大事に炊きました。
 その模様をほんの少し紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


まずは玄米を精米します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お米の白さに見とれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なにしろとっても貴重なお米。やっぱりここは土鍋でなくては!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なんとも雪のように真っ白なご飯の出来上がり!

利用者さんも「上出来の米だ!」と満足気! ならば…と、大郷いくのさん家、

今年はなんと田んぼ作りに挑戦します!

はてさて、どうなることやら…。随時お知らせしていきます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2016.02.08


ページトップへ